自分探しの旅

「自分探しの旅」

 

ブログ全体を通して、私が一番お伝えしたいメッセージが込められているメインテーマが、この「自分探しの旅」です。

 

特に初めてこのブログを読まれる方は、

 

是非、ここ ↓ から順番にお読みください。

*********************************************

 ⇒ ⇒ 自分探しの旅のはじまり

*********************************************

 

「自分探しの旅」で私が掴んだ真実とは何だったのか、理解を深めていただくことが出来ると思います。

 

「自分探しの旅」は物語調に書かれていて、一つを読み終えると、続きへのリンクがあり、そのまま読み進められるようになっています。

 

また、ストーリーの途中で、私の心の旅の協力者となった様々な人物や著書、アニメなどをコラムとして掲載しています。

 

コラムには、私の心の変化のきっかけとなった多くのヒントが含まれていますので、こちらも是非、メインのストーリーと一緒にお楽しみください。
(ストーリーに沿ってコラムへのリンクが貼られています)

 

尚、「自分探しの旅」は、全て私自身に起きた実話です。

 

よって、物語に出て来る登場人物や企業団体等は全て実在しますが、プライバシー保護のため仮名にしていますので、ご了承ください。

 

 

+。+゜+。+゜+。+゜+。+゜+。+゜+。+゜+。+゜+。+゜

 

● 自分探しの旅のはじまり ※ここからお読みください

 

● 「自分探しの旅・目次」

 

※このストーリーは、現在進行形で更新しています。
是非、続きが公開されるのを楽しみながらお読みいただければと思います。

 

+。+゜+。+゜+。+゜+。+゜+。+゜+。+゜+。+゜+。+゜

夜明け〜NEXT STAGE〜

自分探しの旅・田久保剛

【『自分探しの旅』を初めから読む】

《第14話》

ここから先しばらくは、私自身の「成功哲学」や「営業」の世界でのストーリーが中心となるのだが、その時代のストーリーに入る前に、前置きさせていただきたいことがある。

以前にも書いたが、「心」「精神」という無限の世界を、「言葉」という有限のツールで表現することは、とても難しい。

表面に書かれた文字だけをそのまま読むと、まるで矛盾しているように見えてしまうことも度々ある。

続きを読む

「本当の自分」は燃え尽きない〜あしたのジョー〜(後半)

田久保剛

【『自分探しの旅』を初めから読む】
=:=:=:=:=:=:=:=:=:=:=:=:=:=:=:=

●◎○● コラム[心の旅の協力者]●○◎●
– 3 –

「あしたのジョー」
(後半)
前半より続き)

「あしたのジョー」のビデオの再生ボタンを繰り返し押さずにはいられない私の行為は、まさに「依存」そのものである。

少し前、コラムの第1回のトピックに、「依存から自立へ」というテーマを掲げた。
(あの記事もそういえば、アニメが主題だった…笑)

ここで、「あれ?田久保さんは、もう依存はしないんじゃなかったの?」という疑問の声が聞こえてきそうだ。

誤解を恐れず、私は申し上げたい。
私は、今でも依存だらけである。

ただしこの依存は、何か特別な人やものに人生を預け、自立を放棄してそこに完全に寄りかかることとは、本質的に違う。

続きを読む

「本当の自分」は燃え尽きない〜あしたのジョー〜(前半)

田久保剛

【『自分探しの旅』を初めから読む】
=:=:=:=:=:=:=:=:=:=:=:=:=:=:=:=

●◎○● コラム[心の旅の協力者]●○◎●
– 3 –

「あしたのジョー」
(前半)
私がこの世に誕生した年、伝説の名作漫画「あしたのジョー」の連載が始まった。

そして、その連載から50年が経った2018年、「あしたのジョー・連載開始50周年記念」として、様々な企画イベントが催され盛り上がっている。

続きを読む

道具より魂は磨かれているか

自分探しの旅/田久保剛

【『自分探しの旅』を初めから読む】

《第13話》

悔しさと諦めの中で買った一冊の就職情報誌。

その号では、たまたま営業職特集が掲載されていた。

そもそも内向的で、(当時は)口べたで、引っ込み思案な自分が、営業なんて考えられなかったが、一つの求人広告に目を奪われた。

それは、今、まさに自分が商品に惚れ込み、代理店権利を得たものの売り方がわからない、あの「能力開発教材」の販売元の、社員募集の記事だったのだ。

続きを読む

夜明け前の漆黒の闇

自分探しの旅/田久保剛

【『自分探しの旅』を初めから読む】

《第12話》

部屋に積まれた数百枚のチラシ・・・

能力開発教材の代理店販売権利を買ったはいいが、営業など、まともにやった事がない。

担当者に相談したら「駅前でチラシを配るといい」と言われて、ほどなくチラシが送られて来たのだ。

チラシの入ったダンボールを見て見ぬふりをして、出来ない言い訳ばかりをしていた。

続きを読む

転職(適職)は情熱に訊け!

自分探しの旅/田久保剛

【『自分探しの旅』を初めから読む】

《第11話》

社会人3年目を迎えた春。

他にやりたい仕事や転職先が見つかって、会社を辞めた訳ではなく、

とにかく会社勤めの毎日から逃げ出し、好きな時に寝て起きて、欲しいものを欲しいだけ買う…

そんな経済的自由、時間的自由を手にしたい、という甘い考えだけで辞めてしまった。

続きを読む

「人生の目的」のはき違え

自分探しの旅/田久保剛

【『自分探しの旅』を初めから読む】

《第10話》

さて、この研修での成果は、プラスイメージ習得だけでなく、多くの人との出逢いや、情報という付加価値があった。

そこで知り合った人に、「研修や教材も買うだけじゃなく、実益に結び付かなければダメ」と言われ、

「心の分野の勉強と収入が得られるいい話がある」

と誘われたのが、ネットワークビジネスの世界だった。

続きを読む

プラスイメージと成功哲学への入口

自分探しの旅/田久保剛

【『自分探しの旅』を初めから読む】

《第9話》

前回は、無線機メーカーを退職するまでの心の変化を書いたのだが、この先の退職後の話をする前に、話しを少し遡らせて、別の角度から、退職直前に私が始めた色々な世界について、少し触れておきたいと思う。

なぜなら、「会社を辞めても大丈夫だ」と安易に無謀な決断をし、更にその後、成功哲学の世界へ本格的に身を投じるまでに、この退職直前に色々経験した経緯が、欠かすことの出来ない大切なプロセスだったからだ。

それは、虚しさを抑えきれなくなった入社2年目の初夏から、退職するまでの1年弱の間にあった出来事である。
続きを読む

あなたはノアの箱船に乗れるか?〜バシャールと日月神示〜(後半)

田久保剛

【『自分探しの旅』を初めから読む】
=:=:=:=:=:=:=:=:=:=:=:=:=:=:=:=:=:=:=:=

●◎○● コラム[心の旅の協力者]●○◎●
– 2 –
「チャネリング ~バシャールと日月神示~」(後半)
(前半より続き)

禅宗には「不立文字」という言葉がある。

悟りとは言葉によって表現できるものではない、という意味だが、

その言葉の通り、心の世界は掴みどころが無く、どれだけ繊細に表現しても、それを受け取る相手の心によってフィルターがかけられ、いかようにも意味が変化してしまうきらいがある。

続きを読む

あなたはノアの箱船に乗れるか?〜バシャールと日月神示〜(前半)

田久保剛

【『自分探しの旅』を初めから読む】
=:=:=:=:=:=:=:=:=:=:=:=:=:=:=:=:=:=:=:=

●◎○● コラム[心の旅の協力者]●○◎●
– 2 –
「チャネリング ~バシャールと日月神示~」(前半)
社会人一年生の頃、すっかり仕事に対して無気力になってしまった自分が方向転換するきっかけになったのが、再びやって来た「心の世界」への興味だった。

続きを読む