日常に役立つスピリチュアルとは

田久保剛/CTPeak

スピリチュアル分野の情報は、何かフワフワした、地に足の着かない、現実逃避の為の分野のように思われる節があります。

しかし、スピリチュアル、霊的真理の正しい情報は、実にこの地球上に展開する、私たちの日常生活に役立つものなのです。

そんな『日常に役立つスピリチュアル』というテーマでお伝えした田久保剛のトークイベントの映像の一部と、スペシャルな期間限定プレゼントの情報です。

続きを読む

運命と自由意志

田久保剛/CTPeak

メルマガ読者の方に期間限定でプレゼントしているセミナービデオ「日常に役立つスピリチュアル」へのご質問を頂きました。

Q.「前半に、「すべての人は、(役割を果たす)場所に呼ばれている。」とありまして、そのあと、上の方(霊的領域の存在)のことは、素直に聞くのが良いとありました。

私たちには、自由意思もあり、逆らうこともできる、でも、逆らうと上の方に色々手を煩わせてしまう、そういった言葉がありました。

すべての人がそこに「呼ばれている(決まっている)」のなら、それに「逆らう」ことすらも、「決まっている」ということにはならないのでしょうか?

(呼ばれている場所に)逆らっている場所あっても、それはすでに決まっていることだとしたら、「自由意思」という自我が逆らえるというお話と、矛盾してしまう気がするのですがどうなのでしょうか?」(S.A.さん)

このご質問に対し、田久保剛の見解をビデオで回答しました。

続きを読む

決断…魂の修行へ(後半)

自分探しの旅・田久保剛

【『自分探しの旅』を初めから読む】
《第37話》

(前半より続き)

この時の自分の気持ちを部分的に捉えると、なんと幼稚で、社会をなめた甘い発想だったのだろう。

しかし、当時の自分は、完全に盲目になっていた。

ましてや、その無責任な甘い発想が、もっと大きな視点で見た時に、私の魂の修行のための完璧で絶対的な必要プロセスだったことなど、知る由もなかった。

続きを読む

決断…魂の修行へ(前半)

自分探しの旅・田久保剛

【『自分探しの旅』を初めから読む】

《第36話》

ある日、会社を辞めた東山さんから電話がかかってきた。

東山さんは、独立すると言って会社を辞めたきり、私も連絡を取っていなかったし、何をしているのかも全く知らなかった。

風の噂では、能力開発とは全く異業種の仕事をやっている、とだけは聞いていた。

しかし、直接彼の口から発せられた話は、人材教育サービスの事業だという。

続きを読む

悲しみへの向き合い方

田久保剛/CTPeak

Q:「魂は永遠だと言いますが、現象的には人の死に直面したとき、悲しみが湧き上がってきます。
そんな時、どんな気持ちで向き合うことが良いでしょうか。」

このご質問に対する田久保剛の回答をご紹介します。

続きを読む

波動を高めるとは

田久保剛/CTPeak

Q:「波動が高い・低いとはどういうことですか?
よく『波動を上げましょう』という情報をインターネットで目にしますが、正直、掴み所が無く分かりません。」

このご質問に対する田久保剛の回答をご紹介します。

続きを読む

「やる気」が出ない時にどうするか?

田久保剛/CTPeak

「やる気」が出ない状態は辛いものです。

では、「やる気」が出ない時に、どうしたら「やる気」がでるのでしょうか?

「やる気」が出ない時に「やる気」を出すための様々な方法を試みた結果、今、辿り付いた田久保剛の「やる気」を出すやり方、捉え方をお伝えします。

続きを読む

錯覚に覆われた感謝と本質(後半)

自分探しの旅・田久保剛

【『自分探しの旅』を初めから読む】

《第35話》

(前半より続き)

お金には、強力なパワーがある。

それは時として、人間に錯覚を起こさせる。

経済的に豊かになる、という目標は大切だ。

私は、「清貧の思想」を掲げるつもりなど毛頭ない。

豊かさが豊かな人間を育成し、貧しさが心を痩せさせてしまうこともあるだろう。

しかし、豊かな経済力が常に正比例して、豊かな人間を作るとは限らない。

続きを読む

錯覚に覆われた感謝と本質(前半)

自分探しの旅・田久保剛

【『自分探しの旅』を初めから読む】

《第34話》

この頃の自分の心の中を表現することは非常に難しいが、あえて誤解を恐れずに表現するとするならば、

プラス思考で完璧なまでに出来上がったマインドの奥の、心のとても深い部分に少しずつ溝が出来始め、

その溝がどんどん心を蝕み、心全体を浸食して、空洞が広がりつつあったような感じではなかろうか。

続きを読む

普遍意識を観るのは普遍意識『PEAKカウンセリング塾』塾生の声〜その2〜

田久保剛/CTPeak

前回の続きとして、「最高峰のカウンセリングを伝授する」コンセプトの、『PEAKカウンセリング塾』ここまで学ばれた方からのご感想をご紹介します。

PEAKカウンセリングの“PEAK”は、頂点、最高峰という意味ですが、これは、数多の手法の頂点という意味ではありません。

そうではなく、私達人間の意識の“PEAK”、つまり、意識の頂点である、最高峰の意識、普遍意識の視点という意味なのです。

その完全なる最高峰の視点が観るのは、相手の普遍意識なのです。

続きを読む