「ワクワク」という名の現実逃避

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
自分探しの旅/田久保剛

【『自分探しの旅』を初めから読む】

《第8話》

前回は社会人一年生の頃の、ずいぶんとダメ社員ぶりを暴露してしまったので、もしかしたら、「メンタルケアの講師だなんて相応しくないのでは?」なんて思われてしまったかも知れない。

しかし、ここに書いている私の経験は、何一つ飾ることの無い、私の等身大の話だ。

心の世界というと、何か神秘的な、不思議なパワーとか、難しい専門用語とか、そんな、耳触りの良い言葉で自分を飾り立て、すっかり分かった様な気持ちになることがある。

しかし、実際はどうだろう。

本当の学びは、常に自分の足下に示されていて、その事実に気づけるか、見過ごしてしまうのか・・・

少なくとも私が若い頃には、いつも目の前にあった「答え」に気づかず、何か「神聖な世界」に答えがあると信じていた。(精神世界を探求する多くの人が陥っているような気がします)

そんな私の経験がもしかすると、今なお迷い続ける人々の何かのヒントになるのでは……そんな気持ちで、話を続けていこうと思う。

社会人になって1年。相変わらず、無気力と無感動の日々が続いた。

自分はバカだったと思うが、一つだけ言えることは、いつも自分の心にだけは「正直」でいた、ということ。

さぼったり逃避もしたが、本音中の本音は、曲がったことが大嫌いな性質だった。

ある時、こんなことがあった。

生産中止になり、一切の在庫切れになった無線機のパーツを、電話で注文してきたお客様がいた。

初めは丁重に、誠意を込めて状況を説明していたが、とにかくネチネチと、しつこく責め立てられた。

「なんとかしろ、どこかに一個くらいあるだろ!」と、あまりに自分本位な無理難題を言う。

私は、相手のあまりにしつこく横暴な態度についに切れてしまった。

(私も若かったのです・・・)

「無いもんは無いんだ!」

と思わず口走った。

「お~言ったな。お前名前を教えろ!本社に連絡するからな」

と言われたので、

「田久保剛です。どうぞ、今すぐ本社に連絡して下さい。他に何か、私に聞くことはありますか?」

田久保剛

某無線機メーカー営業マン時代

と、堂々と答えてしまった。

「俺は後ろめたいことは何もない。文句があるか!」という気持ちだったのである。(流石にそこまでは言わなかったが (^_^;)

この時、すぐに本社の営業部長から電話があり、当然、注意は受けたが、

「若いな!(そうも言いたくなるよな~)はっっはっっは~」

と、思いっきり笑われてしまった。

とにかく得意先や会社からは、今思えば愛されていた。

しかし、そんな風に自分の正直な気持ちを曲げられない、不器用で生真面目な自分でもあった。

やりがいの無さを仕事のせいにしたりはしたが、やりがいを持とうと努力しても、ダメだったのだ。

そんな不器用な自分だったからこそ、やりがいを感じないまま、漫然と毎日を過ごし、適当に自分をごまかしては、器用に世の中を渡ることが出来なかったのだ。

仕事に不満を持ちながらその会社にいることが、周囲にも申し訳なかったし、甘んじている自分も嫌だった。

その時の自分にとっては、それが本当に正直な気持ちだった。

日々、会社や仕事へのモチベーションはどんどん落ちた。

その頃に読み漁った、精神世界や成功哲学の本の影響で、

「サラリーマンで決まった給料で我慢して働くのは嫌だ!好きな事をやってお金を稼いで自由な生活を送るんだ!」

そんな、「若気の至り」の感情に支配され始めていた。

まだ何一つ、会社に貢献していない自分を棚に上げ、一緒に働いている同僚を見ては、

「何でサラリーマンなんかで満足しているんだ、こいつらは!」

なんて、心の中では全く失礼な裁きをしていた。

そして私は、やりがいの無い生活から脱するため、とうとう無謀な決断をしてしまった。

今、振り返れば、学生プロレスで輝いていた過去の栄光を思い出しては、情けなくつまらない現状とのギャップを嘆き、自己を確立できず、いつかの時の自分のように何かの支えを懸命に探していた。

同じ過ちを繰り返そうとしていることにも気づかず。

当時、流行ったスピリチュアル系の本に、「ワクワクする事をやればうまくいく!」という主旨の本があった。

現実を受け止めず、その本に書かれた本質も理解できずに、その言葉に踊らされる様に、多くの若者が「自分探し」と称して会社を辞めた。

一種の社会問題になっていたこの現象で、会社を辞めた若者達が目指したものは、

「ワクワクした事をやれば、きっと成功できる!」

「とにかくお金を稼ぎ、欲しい物は何でも手に入れ、好きなことだけをして人生を送るんだ!」

という発想だった。

田久保剛/CTPeak

今では私も、このワクワクという感情の本質が何を意味しているのか分かるが、本質を捉えきれない、表面的な理解から来るその発想は、まさに「現実逃避」という無責任なものだった。

多分に漏れずこの私も、その頃、どうすれば成功出来るのかを必死に考えた。

「成功者はみなプラス思考を身に着けていた。

世の中はネガティブな奴らばっかりだ。

俺は違うぞ。

俺はプラス思考を潜在意識に叩き込んで、真の成功者になるんだ!

そして俺もワクワクする事だけをするんだ!」

家族の反対を押し切って、自己を超越する、というセミナーに参加したのもこの頃。

今思えば、こういう経験も本当に貴重だった。

現在の私があるのも、この「失敗談」とも言える、この頃の経験が生きている事は間違いない。

しかし、そもそもの動機が、現実逃避から来る「プラス思考」や「積極思考」の理論武装に過ぎなかった訳で、

この時に闇雲に学び、強烈に身に付いた、「プラス思考」の間違った身につけ方のお陰で、今の自分に至るまでに、更なる大きな「学び」を経験する要因にもなっていくのだった。

やがて後先も考えず、

「俺は自分のやりたい事をやるんだ!」

と、訳のわからない虚構の自信を引っ提げて、約二年間務めた会社を辞めることになる。

そして、私のさらなる自己探求という迷走が始まるのだった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料メールセミナー:現状を変える7つのヒント

「何とか、今の現状を打開して解決のヒントを見出したい・・・」

そう思いながら、成功法則やスピリチュアル、精神世界などの様々な情報を探し求め、時間とお金を費やしても、なぜか一向に、現状が良くならない・・・
疑問あなたは、そんな悩みを抱えていませんか?
その悩みや問題は、ほんの少しのヒントで解決できる可能性があります。

⇒ 無料メールセミナーの詳細・登録はこちらから
(CTPeak公式HP)

こちらの記事もおすすめです

おすすめ関連記事

まだデータがありません。

コメントを残す

*