夜明け前の漆黒の闇

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
自分探しの旅/田久保剛

【『自分探しの旅』を初めから読む】

《第12話》

部屋に積まれた数百枚のチラシ・・・

能力開発教材の代理店販売権利を買ったはいいが、営業など、まともにやった事がない。

担当者に相談したら「駅前でチラシを配るといい」と言われて、ほどなくチラシが送られて来たのだ。

チラシの入ったダンボールを見て見ぬふりをして、出来ない言い訳ばかりをしていた。

その能力開発教材そのものには惚れていたし、なんとかこれを販売して生計を立てたいと思っていたが、実際に生活のための収入源は、相変わらず工事現場のバイトに頼らざるを得なかった。

お正月休みにあった親戚からも、今の自分の状態を心配して色々と言ってくれるのだが、「誰も自分を分かっちゃくれない」と心を閉ざした。

しかし一方では、「このままでは、今の彼女を幸せにしてあげることも出来ない」という焦りも出て来た。

自分の心が作り上げた妄想に侵され、真実が見えず、周囲で自分を心配してくれる人は、全て自分に無言のプレッシャーを与える人に感じた。

生活の安定のため、結婚のため、就職して、あの嫌なサラリーマン生活に戻らなくてはいけないのだろうか。

自分の成功への自信を保ち続けるには、すでに時が経ち過ぎていた。

この頃、私は毎日「日記」をつけていたので、この時期の心の葛藤も、そこに克明に記されている。

そこに、こんな事が書かれていた。

**********

「確か、無気力でやる気がなくて、決断力がなくて、そんな自分を変えたくて研修を受けたり、精神世界や自己啓発に金と時間を費やし、成功を信じて会社を辞め、もう2年近くになる訳だが、良くなるどころか状況は悪くさえなっている。

確かに色々と勉強したけど、全く行動に移していない。全てはそこに原因がある。

行動力を付けたいと、もう何年も感じているのに、結局ずっとそのままだ。

すぐに怠け、頭で考えるだけで、口だけは達者で、全然行動に移さないから、何も起こらない。

田久保剛/CTPeak

心の葛藤を書き続けた当時の日記や記録。この「自分探しの旅」の記事のベースにもなっています。

俺という人間は何がしたいんだろうと、ずっと考えていた。

自分が本当に夢中になれるものは何だろう?

気がつくと、そういうものが俺にはなかった。

俺は一体、どうなってしまうんだろう。

俺にはこの先、なにが待っているというのだ。

今、俺は、何も無い男になってしまった……

**********

自分で行動できないなら、結局、自分を管理してくれる「会社」という組織に入るしか道はない。

管理されるのが嫌で会社を辞めたのだから、すぐにまた嫌になり、辞めてしまうのではないだろうか。

しかし、既に自分に選択の余地は残されていなかった。

彼女に、「独立して成功する夢を諦めて、就職先を探す」と話したら喜ばれた。

悔しい気持ちが湧き上がり、何か言葉を探したが、今の自分には反論できる要素は何も無い。

完璧に、自分自身への敗北だった。

この時、夜明け前の漆黒の闇の中にいた自分に、気づくことは無かった。

工事現場の帰り道、諦めにも似た複雑な気持ちで就職情報誌を買い、家に帰ってページをめくった。

まさか、その1冊の雑誌の小さな求人広告に、運命的な出逢いが自分を待っているとは知らず・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料メールセミナー:現状を変える7つのヒント

「何とか、今の現状を打開して解決のヒントを見出したい・・・」

そう思いながら、成功法則やスピリチュアル、精神世界などの様々な情報を探し求め、時間とお金を費やしても、なぜか一向に、現状が良くならない・・・
疑問あなたは、そんな悩みを抱えていませんか?
その悩みや問題は、ほんの少しのヒントで解決できる可能性があります。

⇒ 無料メールセミナーの詳細・登録はこちらから
(CTPeak公式HP)

こちらの記事もおすすめです

おすすめ関連記事

まだデータがありません。

コメント

コメントを残す

*