コンプレックス克服への道

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
自分探しの旅/田久保剛

【『自分探しの旅』を初めから読む】

《第2話》

高校生の頃、ふと、

「自分は何者なんだ?」

という疑問が浮かび、

「きっと自分には中心があるはずだ」

「心の中にコアがあるはずだ」

そんな考えが突然浮かんだ。

もう大昔なので詳細は忘れたけど、とにかく今後の人生において悩んでいた。

勉強も出来ないし、スポーツも出来ないし、勉強して大学に行くもんだと教えられてきたけど、何をしに大学に行くのかもわからないし。

確か、そんな将来への不安と、何かにつけて心配や悩みを抱えてグラつく自分を救いたい!

という一心から生まれた発想だろう。

そして、

「その答えが書かれた本があるに違いない!」

そう思って、地元、高崎で当時一番大きかった新星堂書店に駆け込んで、とにかく書店の隅から隅へと、書棚を左から右へ・・・

「自分とは何か」

「心の中心とは?」

「本当の自分とは?」

そんなキーワードで本を検索したのが、私の、心の世界との関わり、「自分探しの旅」のスタートだった。
(当時は、インターネットなどなく、当然Amazonもないので、情報を探して本を求めるのは、こんな感じでした…)

スピリチュアル情報を学ぶほど欲求を抑圧していると感じる時は…

悶々と悩んでいた高校生時代。

そして、自分を「心の世界」に没頭させた要因は、将来への不安から自分を救いたい気持ちの他に、もう一つ、強烈なコンプレックスがあった。

恐らく、誰でも思春期には、多かれ少なかれコンプレックスを持つのだと思うけれど、私の場合、勉強も苦手、スポーツも嫌い、そして容姿も、性格も、全てが大嫌いだった。

そんな中でも、特に強烈なコンプレックスだったのは、

「背が低い」

ということだった。

高校生になっても「こんなに背が低い」自分は、当時、すでに親の身長を抜いていた。

つまり、「これからまだ伸びるかもしれない」という僅かな望みすら、見事に打ち砕かれていた訳だ。

当時は、「背の低い両親の遺伝のせいだ」って、ずいぶん親に悪たれをついたものだ。

雑誌の怪しげな広告を見ては、背を伸ばすノウハウと何時間もにらめっこし、買おうか、買うまいか、真剣に悩んだ。

シークレットシューズ購入も、何度真剣に考えたことか。

「このままじゃ彼女も一生出来ないし、男からもこの先一生、馬鹿にされるに違いない」

そんな暗い青春時代を送っていた私は、その反動で、「強い男」に強烈に憧れ、高校時代は空手部に入部。

だが実は、私が本当に憧れていた世界は、当時、大流行だったある特異な格闘技(?)だった。

そして私は大学時代、その特異な世界に自ら身を投じることになった。

 

『自分探しの旅』

⇒ 続きを読む

ひとつ前に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料メールセミナー:現状を変える7つのヒント

「何とか、今の現状を打開して解決のヒントを見出したい・・・」

そう思いながら、成功法則やスピリチュアル、精神世界などの様々な情報を探し求め、時間とお金を費やしても、なぜか一向に、現状が良くならない・・・
疑問あなたは、そんな悩みを抱えていませんか?
その悩みや問題は、ほんの少しのヒントで解決できる可能性があります。

⇒ 無料メールセミナーの詳細・登録はこちらから
(CTPeak公式HP)

こちらの記事もおすすめです

おすすめ関連記事

まだデータがありません。

コメント

コメントを残す

*