瞑想を習慣化する秘訣

瞑想を習慣化する秘訣/田久保剛

「瞑想」の有効性は、一般的にも多方面で認知されてきていて、多くの企業の研修でも採用されだされたり、NHKのテレビ番組でも取り上げられるような時代になりました。

しかし、どんな良いことでも、継続して習慣化できなければ意味がありません。

田久保剛が講師を務めるオンライン講座、「シンプルさとり講座」の受講生からご投稿頂いた、瞑想の講義に対する感想・体験談に、瞑想の習慣化、継続のヒントがありますので、ご紹介します。

続きを読む

「願望」と同時に出てくる「不安」への向き合い方

「願望」と同時に出てくる「不安」への向き合い方/田久保剛

望みを叶えたいと、「願望」を持つと、それと同時に「不安」というネガティブ感情がわき上がってくることがあります。

その「不安」を正しく理解しないと、その「不安」も願いとして実現化する法則がはたらき出します。

田久保剛の経験を通して掴んだ、願望実現時の「不安」への向き合い方をお伝えします。

続きを読む

本当の自分の願望実現と使命を見極めるヒント

本当の自分の願望と使命を見極めるヒント/田久保剛

一般的に言われる「願望実現法」で叶えたい「願望」は、「本当の自分」が望んでいる願望なのでしょうか?

私、田久保剛が、自ら願望実現を探求するプロセスから掴んだ、この「願望」の見分け、見極め、

そして、本当の望みを知り、大いなる存在との連携によって、この地上での、自分の使命、役割を成就させるヒントをお伝えします。

続きを読む

罪を犯した人も全体意識の必要な役割をもつ魂なのか?

全体意識/田久保剛

+ーーーーーーーーーーーーーーー+
個々の魂が全体意識の成長に必要な存在ならば、殺人犯や犯罪者なども必要な存在なのかと捉えると、今の自分の価値観では混乱します。捉え方のヒントをお願いします。
+ーーーーーーーーーーーーーーー+

という問いかけに対する田久保剛の見解です。

続きを読む

スピリチュアルへの偏見を力に変える「風車の理論」

スピリチュアルへの偏見を力に変える「風車の理論」/田久保剛

スピリチュアル、精神世界の情報は、とかく偏見を持たれやすい分野です。

そこで、田久保剛が主催する「TAOメンタルビジネス塾」のフォローアップ教室で、スピリチュアルへの偏見にどのように向き合っていくかをテーマにした講話から、そのヒントについてお伝えします。

続きを読む

人生をエンジョイする生き方の本質

人生をエンジョイする生き方の本質/田久保剛

「人生をエンジョイしていますか?」という問いかけをよく耳にします。

私は“人生をエンジョイ”しているけど、それを問いかけた人が考える“エンジョイ”に、違和感をもつ自分の感覚をきかっけにして、「人生をエンジョイする秘訣」というテーマのトークイベントを開催したのですが、そのプロセスで、大きなヒントがありました。

田久保剛が捉える「人生をエンジョイ」する生き方の本質をお伝えします。

続きを読む

目に見えない存在からのサポートを受ける秘訣

目に見えない存在からのサポートを受ける秘訣/田久保剛

目に見えない世界を学ぶ意義はたくさんありますが、この方が感じられたこと、ご体験は、その大きな意義をわかりかり易く整理して表現されており、とても参考になります。

田久保剛の「シンプルさとり講座1日集中セミナー」にご参加頂いた方からの声をご紹介します。

続きを読む

普遍意識(本当の自分)と共鳴して日常生活に生かすヒント

普遍意識(本当の自分)と共鳴して日常生活に生かすヒント/田久保剛

田久保のセミナー参加者から頂いた体験談をご紹介します。
この体験談は、私たちの本質、普遍意識を体感するヒントがつまっています。
+ーーーーーーーーーーーーーーー+
3月18日の「普遍意識瞑想セミナー」と5月13日の「シンプルさとり講座1日集中セミナー」に参加しての感想等を以下に書かせていただきます。

ひとことで言って「すごく面白かった」というのが私の率直な感想です。

続きを読む

「自分を責めるな」と言われてもつい責めてしまう時には

田久保剛/自分を責めないで俯瞰する

+ーーーーーーーーーーーーーーー+
よく、「自分を責めてはいけない」と言われますが、取り返しの付かないような衝撃的な失敗をした時は、どうしても自分を責めてしまいます。どうしたらいいでしょうか?
+ーーーーーーーーーーーーーーー+

というご質問への田久保剛の回答です。

続きを読む

今、何をすべきかを思い出すための真理の言葉

田久保剛

私たちが「今」やるべき事は何なのか。

その答えは、実はとても明白なのですが、スピリチュアル分野の霊的知識を正しくバランス良く身につけないと、その知識に囚われてしまって、その本質を見失ってしまう場合もあります。

どんな大変な時も、「何を今すべきか」を思い出すために、私、田久保がよく言う言葉があります。

続きを読む