一瞬早すぎず一瞬遅すぎもしない時に…

自分探しの旅・田久保剛

【『自分探しの旅』を初めから読む】

《第24話》

外交セールス部門B商品課は、確実に力をつけ、

それまでは社内で存在すら知られていなかった様な状態から、A商品課とも対等に張り合うぐらいの業績を上げていた。

その頃、A商品課に異動した赤坂君の代わりに、新しく長沢さんが入社。

この長沢さんもユーザーとして商品をこよなく愛し、その点でウマがあったのか、すぐに違和感なく溶け込んだ。

そんな、順風満帆と思えたこの時期、その事件は起きた。

続きを読む

象と解って匕首で向かう 〜『サンクチュアリ』(聖域)に隠された神の視点〜(後半)

自分探しの旅・田久保剛

【『自分探しの旅』を初めから読む】
=:=:=:=:=:=:=:=:=:=:=:=:=:=:=:=

●◎○● コラム[心の旅の協力者]●○◎●
– 4 –

「サンクチュアリ… 聖域」
(後半)
前半より続き)

この「サンクチュアリ」の他にも、世の中には、人の心を魅了して止まないストーリーが沢山存在する。

そのストーリーの背景に多くあるものは、神話に起源を置く「ヒーロー」の存在だ。

続きを読む

象と解って匕首で向かう 〜『サンクチュアリ』(聖域)に隠された神の視点〜(前半)

自分探しの旅・田久保剛

【『自分探しの旅』を初めから読む】
=:=:=:=:=:=:=:=:=:=:=:=:=:=:=:=

●◎○●コラム[心の旅の協力者]●○◎●
– 4 –

「サンクチュアリ… 聖域」
(前半)
「田久保君、サンクチュアリって知ってるか?」

「いいえ知りません」

異動して間もない頃、私と今井次長とで交わされた会話だ。

この会話に出て来る「サンクチュアリ」とは、史村翔原作・池上遼一作画の、今井次長の愛読マンガだ。

「へぇ~、知らないんだ……

えええ!!!! し、知らないぃ~~!? 田久保くん、そりゃ~まずいだろ~」

「えっ、何なんですか?」

「ま、まずはその辺りから、覚えてもらわなきゃならないみたいだな・・・」

続きを読む

虚構の夢が現実となった日

自分探しの旅・田久保剛

【『自分探しの旅』を初めから読む】

《第23話》

「田久保は外交セールス部門のトップセールスマン」

そういうイメージは、徐々に定着していった。

私が電話で成約する姿を見て、「やり方を教えてくれ」と言って来るような人も出て来た。

私は当初、

「絶対に、条件の悪いB商品課で、今井次長を持ち上げ、花を持たせるんだ!」

そんな気概で営業を行い、その成績をキープし続けた。

続きを読む

見えない思いと見える結果 〜物理と精神の融合(後半)

自分探しの旅・田久保剛

【『自分探しの旅』を初めから読む】

《第22話》

(前半より続き)

例えば、物理の世界でも、音叉は目に見えない空気の振動によって離れた音叉に共振を起こして共鳴する。

また、私は父の影響で中学生の頃、無線の免許を取得し、目に見えない電波が世界を駆け巡る様を実体験した。

私は物理学を本格的に学んだわけではないので、その理論と私の確信がどれだけ合致しているのか、私にはわからない事を予め断っておく。

しかし、量子物理学、波動理論、素粒子論、共振共鳴、類が友を呼ぶ法則……

どれをとっても私の中にある確信を的確に表現していて、うなずくしかない。

私の中には、そういう論理的な理屈を超えた確信がある。

続きを読む

見えない思いと見える結果 〜物理と精神の融合(前半)

自分探しの旅・田久保剛

【『自分探しの旅』を初めから読む】

《第21話》

前回、なぜ私がいきなり成績が上がったのか、その背景をお話したが、

そこだけを聞くと、まるで私が何の苦労もせずに、ラッキーだけで成績が上がってしまったように思った人もいたかも知れない。

しかし、現実的にはもちろん、相当な努力もした。

私も当然、外交セールス部門の先輩方に見習って、通勤・帰宅ラッシュの駅前で、毎日のようにチラシを配った。

チラシのハンディングと一言で言っても、コツがある。

続きを読む

「菩薩」の顔と「仁王」の顔

自分探しの旅・田久保剛

【『自分探しの旅』を初めから読む】

《第19話》

ある日突然のように知らされ、まったく前触れもなかった、異例の人事異動。

電話営業部門から見れば、非常に肩身の狭い外交セールス部門の中でも、さらに存在感のない課に異動した私は、電話営業部門の同僚からは、「成績が悪くて、閑職に飛ばされたかわいそうな奴」という目で見られていた。

しかし実際は違った。

続きを読む

成功舞台配役の陰に…春の訪れ(後半)

自分探しの旅・田久保剛

【『自分探しの旅』を初めから読む】

《第18話》

(前半より続き)

その後、山川本部長に呼び出された。

「俺は出したくなかったんだが、他部署からどうしても君を欲しいと言われ、しかたなく今回の異動になった」

と言って、新しい異動先の上司を紹介された時には、

「嘘をつけ!どうせ俺が泣かず飛ばずの売れないやつだから、他の部署に飛ばしたんだろうが!!」

と心の中で思っていた。

続きを読む