新型ウィルスに対する精神的対策

今、社会のニュースは新型コロナウィルスの話題で持ち切りです。

もちろん、様々な予防策として注意を促されている、手洗い、うがい、咳のエチケット、不要な人混みを避ける等は、いつも以上に意識的に実行する必要はあります。

こうした医療分野に関わる事は、私が語るまでもなく、専門的且つ具体的な情報を参考にしていただくことが良いと思いますが、

この問題に対して、実は上記の様な具体的な予防策と共に、いや、もしかするとそれ以上に、注意をしなければならない問題があると私は感じています。

一日でも早く、この事態が収束に向かい、平穏な日常を取り戻したいものですが、そのような現実を迎える為にも、医療的な予防策と同時に、田久保剛が捉える、今だからこそ必要な精神面からの、この事態への向き合い方をお伝えします。

続きを読む

葦原瑞穂著『黎明』オンライン勉強会参加者の声

田久保剛/CTPeak

先日、『黎明』(葦原瑞穂著・太陽出版)が指し示す真理の理解を深め、それぞれの役割、使命の実践に生かす目的で、【『黎明』オンライン勉強会】の記念すべき第1回を開催しました。

今回は、2017年8月発行の新版『黎明』で、未来から届けられたような、過去形表記で物議を醸し出した「第12章 地球の変容(ASCENSION)」についての田久保剛の解釈をお伝えしました。

当日の勉強会、参加者の声をご紹介します。

続きを読む

神意識・普遍意識と繋がり最高の答えを得る方法

田久保剛/CTPeak

田久保剛です。私達人間の実在が、完全なる神で在り、愛ならば、人生で困った事が起きている…と思うのは、何か間違った見方をしているのです。

どんな困難な状況でも、常に、最高の答えは普遍意識から示されています。

それは、神意識、普遍意識と同調することで観る事ができますが、何故、その答えがなかなか見出せないのでしょうか…

神意識・普遍意識と繋がり、最高の答えを得る為の非常にシンプルで重要で強力な方法についてお伝えします。

続きを読む

著書『黎明』と縁を持つ意味と葦原瑞穂さんの使命

私、田久保剛のお客様には、著書『黎明』(葦原瑞穂著・太陽出版)繋がりの方が結構多くいらっしゃいます。

私を通して『黎明』にご縁ができる方と、『黎明』から私の情報に出逢う方と、大きく分けてこの二通りがあります。

ただ私と縁を持ったことで、「田久保さんがそんなにも、しつこく『黎明』『黎明』って言うから、じゃあ読んでみようか…」っていって購入して、多くの方が『黎明』とご縁が出来たりします。

続きを読む

「無私」の境地・結果に執着しないとは

田久保剛/CTPeak

スピリチュアル分野の学びでは、「無私」の境地を目指す、というような教えがあります。

それは「結果に執着しない」状態とも言えます。

「無私」の状態になっていく、というのはどういう事なのか、そして「神への奉仕」「赦し(ゆるし)」との関連性について、前回の記事の続きとして、田久保剛の解釈をお伝えします。

続きを読む

『黎明』葦原瑞穂があなたの自宅で語りかける

田久保剛/CTPeak

『黎明』の著者、葦原瑞穂さんが物質次元を卒業した今、直接、彼の肉声で『黎明』の理解を深める珠玉の情報を聴く機会は、CTPeakのイベントが唯一と言えるでしょう。

これは、情報と言うより、波動、エネルギーと言った方がいいかもしれません。

私は、葦原瑞穂さんが地上を去った後、『黎明』の理解を深め実践に生かす為の田久保剛の解釈を、それを必要とする魂の方々にお伝えする事をライフワークのひとつとしています。

続きを読む

愛と思えない人や出来事の真理と神が人間に望む事

田久保剛/CTPeak

前回の記事、『奉仕の本質「神への奉仕」について』の続きとして、

「神への奉仕」を協力する存在、私達にとって、ネガティブな表現として映る他者や出来事の真理についてお伝えします。

この分離が表現された世界の真実を理解し、「神への奉仕」をする事が、この世界の正しい向き合い方であり、この次元を卒業するポイントになります。

続きを読む

奉仕の本質「神への奉仕」について

田久保剛/CTPeak

精神性の向上や霊的真理の学びの中では、よく「奉仕」が大切だと言われます。

確かに「奉仕」は大切な事ですが、その捉え方によっては、精神性、霊性を高めるどころか、逆効果になってしまう場合も考えられます。

では、「奉仕」とはどういう事を言うのでしょうか。

田久保剛が捉える「奉仕」の本質についてお伝えします。

続きを読む

スピリチュアルは何の為に学ぶのか

田久保剛/CTPeak

スピリチュアル情報は何の為に学ぶのでしょうか。

私が強く価値を置くその理由は、多くの「人間的視点」の動機にある、“何かの困難を避ける為”ではありません。

その人間の物質的な視点を広げて、地球に生まれてくる前に決めた「魂の視点」から見た時の真理を思い出す事で、スピリチュアルを学ぶ真の動機が見えてきます。

これは、スピリチュアル情報をお伝えしている私、田久保剛が最も価値を置く事のひとつです。

続きを読む

「カルマ・ヨガ」の継続的実践がもたらす効果

田久保剛/CTPeak

ハイラカン・ババジ大師は、「仕事(労働)は礼拝なり」と口にして、『カルマ・ヨガ』(日常生活、仕事を愛の心で丁寧に行為する事で宇宙の創造活動と合一する方法)の重要性を強調しています。

ハイラカン・ババジと魂の深い縁のもと師事していた、『黎明』著者、葦原瑞穂さんも、あの厖大なる霊的真理の情報の結論、「普遍意識の顕現」の方法として、『カルマ・ヨガ』の実践を最もお薦めしています。

私、田久保剛も、これに深く共感し、スピリチュアルの実践に於いて、一般的に自我意識が求める、何か特別な非日常的な神秘体験などを探求するのではなく、この日常生活を用いる『カルマ・ヨガ』の重要性を理解して、深く納得し、意識して実践を試みてきました。

続きを読む