人生をエンジョイする生き方の本質

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
人生をエンジョイする生き方の本質/田久保剛

「人生をエンジョイしていますか?」という問いかけをよく耳にします。

私は“人生をエンジョイ”しているけど、それを問いかけた人が考える“エンジョイ”に、違和感をもつ自分の感覚をきかっけにして、「人生をエンジョイする秘訣」というテーマのトークイベントを開催したのですが、そのプロセスで、大きなヒントがありました。

田久保剛が捉える「人生をエンジョイ」する生き方の本質をお伝えします。

「エンジョイ」への違和感は限定性にあった

「エンジョイ」という言葉を、スマホに入れている「大辞林」で調べたら、「楽しむこと」と、そのままダイレクトにでたのですが、もうひとつの意味が表現されていて、それを見たとき、「ああ、こっちで捉えると、“人生をエンジョイする”という事のヒントがあるな」と思いました。

それは、「享受」という意味です。

エンジョイと辞書で引くと「享受」というもうひとつの意味がでてきたのです。その時、「そうそう、楽しむことの本質は『享受』だ」って感じました。

「楽しむ」という言葉の一般的なニュアンスには、何かちょっと限定的な意味を感じる事があります。

誰かから「あなた楽しんでいますか?エンジョイしましょう!楽しんでいないようですけど…」って言われたときに、その人の定義に於ける「楽しむ」を押しつけられたようで、(余計なお世話だ、俺は十分楽しんでいるんだ…)と、反発を感じる事があります(^_^;

でも、「エンジョイする」という意味に、「享受」という言葉を適用すると、「享受」つまり、受け入れていること、あらゆる状況を受け入れて、自分自身のものにしている、そういう状態を指すのなら、こうした限定性が消えて本質が見えてくるのです。

エンジョイの本質は「享受」にあり

たとえば「自然を享受する」という表現があります。自然の中で、おいしい空気、鳥のさえずり、川のせせらぎや、海の波打つ音にふれながら、まさに自然を楽しんで受け取っている、受け入れている自分と、調和されている、享受している状態です。

まさに「エンジョイ」の本質的な意味のヒントが「享受」という言葉にあるのだと思います。

これは、自然に対してだけでなく、人生で、私たちの目の前にやってくる、ひとつひとつの事、そのすべてに対して、「享受」という角度で捉えると「人生をエンジョイする」という生き方の本質が見えてくるのです。

つまり、「享受」には限定性がないのです。「楽しいこと」だけがエンジョイじゃない、時には大変な事もあるし、辛いこともある。それこそ病気になってしまうこともある。人生をエンジョイする生き方の本質/田久保剛

一見望んでいないと思われるような出来事、もしくは、望まない何かネガティブな感情を誘発するような自分の状態、出来事…しかし今、事実それが自分の目の前に起きている、と言う事です。

その事に対して、私たちが向き合う姿勢には様々な選択肢があります。

「こんな現実を俺は望んでいない」と言って、排除しようとしたり、抑圧しようとしたり、もしくは、無理矢理ポジティブに捉えようと努力する…

しかし、排除しようとしたり、抵抗しようとしたり、もしくは、麻痺させようとすればするほど、むしろ強固になってしまう可能性もあります。

そして、もうひとつの向き合う姿勢として、「享受する」という選択があるのです。

ある意味では、諦めて受け入れる、というニュアンスもありますが、

「ああ、これが必要なんですね」「ああ、今、これが起きているんですね」「これが何を意味するのか、今は分からないけれど、自分に必要なこととして、今こういう状態なんですね」

このように、まず、受け入れる、受け止める、享受するという姿勢の生き方です。

人生の全てをエンジョイする普遍意識の視点

そして、享受した結果として、その瞬間は分からないかもしれないけれど、必要な学びがあったり、もしくは、その事の摩擦によって、いらなくなった何かを手放すようなことが起きていたり、もしくは、そのインパクトがなければ、絶対に至らなかった気づき等を得ている。

こうして、“起きている事を享受している”その状態を、上から見て、「ああ、地球の肉体人生を楽しんでいるね、田久保君…」というように、自分で自分を俯瞰する普遍意識(全体意識)側の視点で見ると、

今世では、こういう性質で、こういうことを苦手として、でも、そうだからこそ、磨かれている感性があるな…そういう感じで、まさにこの人生で楽しんでいる真実が見えてきます。

人生をエンジョイする生き方の本質/田久保剛ですから、何が起きたから良い、何が起きたから悪い、何が起きたから楽しんでいて、何が起きているから楽しんでいない…ではなく、それらを「享受する」というこのひと言に集約して捉えると、その本質を掴むヒントがあると気づいたのです。

「今の自分にとって、これが必要なんですね…」という状態は、とても良いと思われる事かもしれないし、悪いと思われることかもしれない訳です。

自分にとって必要な事が起きている、という事は、自分があまり自我意識を働かせず、起きてくる様々な事に抵抗せず、素直な自分を表現していったときに、その真実が見えてきます。

しかし、起きてきた事に、「これは俺は望んでいない!」と、抵抗してしまう状態は、「享受」していないわけなので、楽しめていない、ストレスになってしまう、という事にもなるのです。

 

≪おすすめの関連記事≫
⇒『直感なのか知識なのか答えの判断にどうしたらいいか迷う時には?』

 

ーーーーーーーーーーーーーー
●半年間のオンライン講座『シンプルさとり講座』の真髄を
1日で学ぶセミナー開催決定!
『シンプルさとり講座』 ~ 1日集中セミナー ~
(大阪6/11)

ーーーーーーーーーーーーーー

●東京・大阪 次回開催日決定!
『普遍意識瞑想セミナー』
(東京7/16・大阪8/11)

+ーーーーーーーーーーーーーー+

『CTPeakトークイベント』のお知らせ
(6月大阪開催決定!)

開催日時とトークテーマ:

●大阪(中央区)
【第49回】 2017年 6月12日(月) 18:30~20:30 大阪
 テーマ:  『生きる目的と人生の意味』

●東京(練馬駅近くの会場)
【第50回】 2017年 6月24日(土) 13:30~16:00 東京
 テーマ: 『お金の本質』

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(場所の詳細はお申込者へ詳細情報をお伝えします)
参加費:[早割]3,000円(税込・事前振込)
    [当日]3,500円(税込・当日会場払い)
講師:田久保剛

●CTPeakトークイベント参加予約はこちらから

+ーーーーーーーーーーーーーー+

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料メールセミナー:現状を変える7つのヒント

「何とか、今の現状を打開して解決のヒントを見出したい・・・」

そう思いながら、成功法則やスピリチュアル、精神世界などの様々な情報を探し求め、時間とお金を費やしても、なぜか一向に、現状が良くならない・・・
疑問あなたは、そんな悩みを抱えていませんか?
その悩みや問題は、ほんの少しのヒントで解決できる可能性があります。

⇒ 無料メールセミナーの詳細・登録はこちらから
(CTPeak公式HP)

こちらの記事もおすすめです

おすすめ関連記事

まだデータがありません。

コメント

コメントを残す

*