悟りは非日常体験、神秘体験に非ず

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
田久保剛/CTPeak

***この話を最初から読む方はこちら***

スピリチュアル情報を学んで、悟りを目指そうとする方の多くが、そのゴールを「非日常体験、神秘体験」に置く傾向があります。

悟り体験の一側面に於ける「非日常体験・神秘体験」という現象は、それを必要とする一部のタイプの方に結果としてもたらされる、ひとつの一里塚のようなもので、悟りの必須体験ではありません。

この「悟り」と「非日常体験、神秘体験」を結び付けてしまう背景を田久保剛の経験に基づいた解釈でお伝えします。

普遍意識が私たちに望むことはプロセス

普遍意識が自覚に至るとはどういう状態なのでしょうか。

それは、ある時、意識が一気に宇宙大に拡張するような体験を目指す事ではなく、多くの場合、自分の日常生活に示される様々な現象に向き合い、行動していくといった日々の実践によって、一歩一歩、必要な経験を積み、少しずつ意識が変化し、気がついたら徐々に顕現されていくようなものなのです。

高い山に登る時も、一歩一歩の積み重ねの結果、後を振り向いて、初めて「こんな髙いところまで来たんだ…」という節目の体験が出来ます。

そうした地道な一歩一歩は、時には遠回りのように感じることもありますが、それは制約された意識(自我意識)で見ている判断であって、普遍意識はその魂によって、もっとも必要な完璧なプロセスを用意して「示して」います。

ですから、そのような疑念が湧き上がったらその都度払拭して、目の前に示されている事に、丁寧にひとつひとつ向き合って行くことが、結果的には、最も重要な結果への近道になります。

前回の記事でもお伝えしたように、私たちの魂の成長に必要な事は、常に、「今、ここ」で、神(普遍意識・本当の自分)が『示し』『申し』ているのです。

しかし、私たちは通常、自我意識で不完全に捉えてしまい、自分を磨くために必要な摩擦や、頂上にたどり着くための地道な一歩一歩を嫌い、それらと向き合う事を避けようとする努力に意識が向きがちです。

実は、「非日常体験・神秘体験」を求める動機には、今、目の前に起きている(本当は必要な)現象を、正しく捉える事ができずに、それを忌み嫌う対象として見て、向き合いたくないから、なんとかスキップしたい…という発想からくる側面もあるのです。

田久保剛/CTPeak

しかし、仮にその現象を一時的にスキップできたとしても、その現象が何の為に起きたのかという本質が見えていない訳なので、それが魂の成長にとって必要な経験である限り、何度も形を変えて現象化されて来ます。

普遍意識が私たちに望むのは、「非日常体験・神秘体験」ではなく、本来の自分自身に至る一歩一歩の経験、プロセスなのです。

それを避けて、一気にヘリコプターで頂上に辿り付いてしまったら…折角の一歩一歩のプロセスで味わう景色、体験が台無しです。

そもそも、その頂上から、わざわざ登る経験をするために麓に来たのに、余計なお世話になってしまいます(^_^;

『固定的なゴール』を追い求める犠牲者

また、悟りのゴールを「非日常体験・神秘体験」に置く固定概念は、真面目なスピリチュアル探求者を、他者との比較や、学んだ知識と目の前の問題とのギャップに苦しませ、焦りや自己否定といった、最も本質から遠ざかる想念を放ってしまうことに繋がってしまいます。

「悟りとはこういう状態になる事である」

「このような体験をすることである」

「こういう体感が無ければいけない」

というような、『固定的なゴール』を追い求めさせる風潮の犠牲者に、あなたはならないでください。

「こんな神秘体験をした…」「私は悟り体験をした…」という表現をする方に、どうか、あなたの権威を明け渡さないでください。

明け渡す対象は、常にあなたに内在する「無限なる本当の自分(普遍意識・神)」です。

そのような体験に優位性を感じる意識は、まさに分離意識(自我意識、エゴ)であって、その固定的な表現に権威を明け渡してしまうことは、自ら普遍意識と対極の分離意識を助長させる事になるのです。

田久保剛/CTPeak

そういう体験をしたという役割をもっている方と、あなたは、まったく同等の価値があり、単に役割が違うだけです。

登山ルートが違うだけで、神から見れば、どちらも、それぞれのルート担当をしている貴い魂なのです。

そういう表現をする方々とのご縁は、そうしたければ、自分の役割の為に大いに参考にするのは良いですが、あくまでも、あなたの目の前のステップを踏むのはあなた意外には存在せず、あなたこそ、あなたの名前の存在の世界一、いや、宇宙的絶対唯一の権威者なのです。

今、目の前に必要な事が示されている

「こうでなければいけない」という概念が生まれた瞬間、「それ以外のもの」という分離が生まれます。

固定化、分離というものは、そもそも「普遍意識(本当の自分)」を悟ることとは正反対の状態なのです。

『無限』と言う事は、固定化、分離が無い、ということです。

「無限なる本当の自分」には無限の側面がある。

これもそうだし、あれもそうだし、こういう状態もある…

様々な側面が無限にあるのです。

人の数だけの真理があり、経験があり、そのプロセスに、この地球に人間として生を受けた「役割」「使命」が示されているのです。

「本当の自分を悟る」為に、何か特別な事をしなければいけない、特別な状態にならなければいけない、神秘的な何かが起きなければならない…

ということではなく、既に私たちの目の前の、普通の日常生活の中に、悟りの為に必要な事は、あらゆる形で示されているのです。

そして、それを一つ一つ日常生活の中で見出していく。

そのひとつひとつの行為を積み重ねていく事が、「生きる使命」であり、それを遂行していく事は、「無限なる本当の自分」があなたに望む在り方として、あなたの内側に様々な答えを示していきます。

「今、目の前に必要な事が示されている」ことこそが真実なのに、多くの人が、悟りのゴールをある特別な固定的な状態と定義して、今ではないところに一生懸命答えを探そうとするために、いつまでたっても前に進めず悶々としている状態に陥ってしまうのです。

何も疑うことなく、まず今、目の前に示されている事に誠心誠意、向き合う。

そして、その一歩一歩の積み重ねの結果、ある段階に到達したときに、それが必要なのであれば「非日常体験、神秘体験」は、その人にとって最も必要な形で示されるのです。

田久保剛/CTPeak

このような「真理の悟り」の学びを自宅に居ながら、インターネットが繋がればいつでもどこに居ても、自分のペースで学ぶ事が出来る講座が、『シンプルさとり講座・ver.2』です。

●~本当の自分・普遍意識の目覚め~
『シンプルさとり講座・Ver.2』

『シンプルさとり講座』受講者の声

 

+ーーーーーーーーーーーーーー+

※福井県で9月初開催です!
『CTPeakトークイベント』のお知らせ

開催日時とトークテーマ:

●東京(練馬駅近くの会場)

【第66回】 2018年 8月5日(日) 13:30~16:00 東京
    テーマ: 『やる気を出したいけど出せないあなたに』

ーーーーーーーーーーー

福井・初開催!

【第68回】 2018年 9月15日(土) 13:30~16:00 福井
    テーマ: 『スピリチュアルの学びを人生に生かす』

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(場所の詳細はお申込者へ詳細情報をお伝えします)
参加費:[早割]3,000円(税込・事前振込)
     [当日]3,500円(税込・当日会場払い)
講師:田久保剛

●CTPeakトークイベント参加予約はこちらから

+ーーーーーーーーーーーーーー+

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料メールセミナー:現状を変える7つのヒント

「何とか、今の現状を打開して解決のヒントを見出したい・・・」

そう思いながら、成功法則やスピリチュアル、精神世界などの様々な情報を探し求め、時間とお金を費やしても、なぜか一向に、現状が良くならない・・・
疑問あなたは、そんな悩みを抱えていませんか?
その悩みや問題は、ほんの少しのヒントで解決できる可能性があります。

⇒ 無料メールセミナーの詳細・登録はこちらから
(CTPeak公式HP)

こちらの記事もおすすめです

おすすめ関連記事

まだデータがありません。

コメント

コメントを残す

*