地球に生まれて来た理由(その1)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
田久保剛/CTPeak

私達人間の多くは、先に人生の答えを求めたがります。

しかし、私達人間が『地球に生まれて来た理由』は何なのか、という視点で観ると、その発想が変わるかも知れません。

『地球に生まれて来た理由』は何なのか…そんな問いを田久保剛が普遍意識に放ち、気づいた事をご紹介します。

先に答えを知ることで得られないもの

「とにかく答えを知りたい」

仕事に迷いがある…だから、「本当に自分に合っている仕事は何なのか…」それを知りたい。

もしくは、「これからどうなるか…」を知りたい。

「何年何月に、アセンションとやらがやってくるのか…」を知りたい。

とにかく、私達人間は、『答えを先に知りたがる生き物』だなって…私も含めてですが、思うのです。

この宇宙には自由意志が働いているので、基本的に何をやってもいいのですが、

算数ドリルを出された小学生が、自由意志でやってくださいって言われて、「じゃあ俺、後の答え、先に見ちゃおう」って言って、「ああ、なるほど、こうか…なるほどこうか…」と答えを書いて、それは当然100点採れます。

もちろん、自分で考えて、自分で努力して、書いた小学生も、全部解ければ100点。

同じ100点でも、全然違うという事は誰でも分かります。

自分の力で解いた子は、何が得られたかというと、学力とか、自分で解く力が得られる。

答えを先に見て、100点を採った子は、確かに100点という同じ得点を得られても、学力は身に付かない。

こんなごく当たり前の事を、私達は自分の人生に当てはめると、とかく忘れがちになるのです。

「先に知りたい」

「いや、先に知ったら、こんなつまらないことはないだろう…」ということなのです。

悟っちゃったらつまらない

私はよく、

「悟っちゃったらつまらない」

という話をします。

ただ、この場合、「悟り」の前提(定義)というのがあるのです。

悟りの前提は、人それぞれあるのですが、

「悟り」とは何か、光輝き、愛そのものの、何の問題もない、何の悩みもない、何の抵抗もない、ネガティブなものがない、困難が生じてない…

そういう状況が、おそらく「悟り」なんだろうな…というふうに、思われている方が多いと思います。

それを「悟り」の前提だとした時に、「悟りたい…」という動機はどこから多くの場合来ているかというと、

今、こんな大変な事が起きていて、今、こんな苦しい事があって、悲しいことがあって、辛いことがあるから、

どうやら「悟る」と、そこから逃れられるらしいぞ…と、いう動機から、「悟り」を得たい。

「私は悟りたいんだ…」という事の動機の多くは、困難な状態、大変な状態から逃れたい、避けたい…というところから来ている場合が多いのです。

仮に、そういう状態が「悟り」だとして…つまり、何の問題もない、どこにも不安もなければ、心配もなければ、苦しみもなければ、悲しみもなければ、一切何も無い、

あなたの意見に誰も反対しない、みんな「うんうん、あなたの言うとおりです…」という、私達の視点の表現に於いて、「調和と愛」、「みんなで仲良く楽しく、嬉しい…」ただそれだけ…

だとした時に、私は、そういう事を想像した時に、「うわ、行きたくない」って思ったのです。

どういうことかと言うと、「そこから来たぞ」って思ったのです。

総てを識っている、そして、一切の矛盾がない、どこにもぶつかりがない、いわゆる、内と外がない。
愛、以上。
神、以上。
無限…限りがない、以上。
光、以上。
まさに、愛一元、光一元、神一元…
つまり、「絶対」の世界。

そこから来たのだとしたら、擬人的に言うならば、“その自分が何を思った(望んだ)か”…ということなのです。

自分を見失う設定

全部識っている。

全部識っているから経験できないことがあるのです。

もう自分の意見に誰も反対しない。みんな自分に賛同してくれる。すべて愛しかない。すべて光しかない。どこにも影が映っていないという世界にいたら、経験できない事があるわけです。

それは何か。

まさに、あえて言葉で言うと、「自分を知らないってどういう経験なんだろう…」ということです。

「自分を知らないってどういうことなんだろう」
「自分と対極の考えってどういうことなんだろう」

「自分を経験したい」

だから、その総てを識っていて、全部がそこに在る、という状態になることが「悟り」の状態を表現しているのだとしたら…

私(全ての人間、存在)は、“そこから来た”んだよな…

ということが反応する訳です。

全部識っているところから来たのに…
算数ドリルのあの答えを全部知っている所から来たのに、なんで、そこにまた行きたいんだ…と。

そんな、答えを知らないという経験をしに来たんだろ…っていうことなのです。

答えを全部識っているから、一旦、それを忘れたい。リセットしたかった訳です。

「自分で自分を見失う」

まず、そういう設定をしたわけです。

忘れた自分だから、それを全部識っていた「自分を経験できる」という事です。

『地球に生まれてきた理由』の、その答えを先に知るのではなく、何を経験しに来たのかが分かると、この地球での経験は、本当に楽しくなると思います。

(その2に続く)

 


●日常生活で普遍意識に意識を合わせ続ける本質的瞑想法
⇒『普遍意識瞑想セミナー』新日程


 

+ーーーーーーーーーーーーーー+

『CTPeakトークイベント』のお知らせ

開催日時とトークテーマ:

●東京・練馬

【第78回】 2019年 6月9日(日)13:30~16:00
    テーマ: 『ネガティブ情報に巻き込まれない方法』

* * *

(場所の詳細はお申込者へ詳細情報をお伝えします)
参加費:[早割]3,000円(税込・事前振込)
     [当日]3,500円(税込・当日会場払い)
講師:田久保剛

●CTPeakトークイベント参加予約はこちらから

+ーーーーーーーーーーーーーー+

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料メールセミナー:現状を変える7つのヒント

「何とか、今の現状を打開して解決のヒントを見出したい・・・」

そう思いながら、成功法則やスピリチュアル、精神世界などの様々な情報を探し求め、時間とお金を費やしても、なぜか一向に、現状が良くならない・・・
疑問あなたは、そんな悩みを抱えていませんか?
その悩みや問題は、ほんの少しのヒントで解決できる可能性があります。

⇒ 無料メールセミナーの詳細・登録はこちらから
(CTPeak公式HP)

こちらの記事もおすすめです

おすすめ関連記事

まだデータがありません。

コメント

コメントを残す

*