「見えない世界」を正しく学ぶ方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
田久保剛/CTPeak

***この話を最初から読む方はこちら***

前回は『なぜ「目に見えない世界」を学ぶ必要があるのか?』というテーマで、「見えない世界」を学ぶ重要性や価値についてお伝えしました。

ではこの、

「目に見えない世界」は、どうしたら学べるでしょうか?

どうしたら「見えない世界を悟る」ことが出来るのでしょうか?

そして、その「目に見えない世界」の情報を通して、どうやって本質を見極め、自分自身の人生の諸問題を解決していく答えを得られるのかの田久保剛の見解をお伝えします。

「見えない世界」を見えなくさせる問題点

「目に見えない世界」を学ぶと言えば、心の世界、精神世界、霊性、つまりスピリチュアルの分野の情報が思い浮かびますが、特にこの十数年、それらの情報は加速度的に増加して出回っています。

しかし、「目に見えない世界」の情報を学び、答えを見出すと言っても、これらの数多くの情報の中から、いったい何を選び学んだらいいのでしょうか?

多くの人から支持され、人気がある人の情報だからでしょうか?
テレビやマスコミで有名だからでしょうか?
その分野の権威者の情報だからでしょうか?
宇宙人の情報と言われているからでしょうか?

そもそも「見えない世界」なのに、何を以て、それが「正しい」と言えるのでしょうか?

精神世界やスピリチュアルを語った情報の中には、「見えない世界の情報」をいいことに、誤った情報や、偏った情報、人を惑わすいい加減な情報などが、意識的、無意識的に無配慮なまま、無造作に発信され、

人を盲目にして依存させてしまい、真理の本質とはかけ離れた状態になる危険性を伴ったものも多くあります。

そして、ここから先の記述は、あくまでも「見えない世界を学ぶ」、つまり、スピリチュアルの理解を深め、意識的成長を遂げる、という分野を大前提にした場合ですが、

大きな問題のひとつは、人は多くの場合、特に心が弱った状態の時には、「自分で決める」という事を放棄しがちである、という事です。

「自分で決める」、その結果に責任を負う事に臆病になっている事も多くあります。

人は、「誰かに決めてもらう」方が楽なのです。

自分には見えない、確認のしようのない世界の情報を前提に、「この事はこうです」「あなたの内面にはこんな問題があります」「あなたはこうすべきです!」などと、ある固定的な答えを「言い切られて」しまえば、迷っている人にとっては、とても気持が楽になります。

これらの表現は、総合的な真理の理解と細心の注意と配慮の元、あくまでも「自分で決める」ための参考にするように導く事が出来ればとても有効なケースも多く、

「見ることの出来る視点」を役割として持つ立場からの適切なアドバイスは「安心感」という調和の波動を生みだし、「適切な判断を“自分で”する」という事に貢献するケースもあると思います。

田久保剛/CTPeak

しかし、痛みや苦痛を抱え、自分以外の何かに「決めてもらいたがっている」迷いの最中にいる人に、「自分で決める」という事の真理を理解して頂いた上で、納得するように、適切なアドバイスを正しく伝える姿勢、在り方は、とても経験と努力が必要な事で、多くの場合困難な事でもあります。

ですから多くの場合、誰かに決めてもらって、「気持が楽になる」という快楽に加え、その提言が、実際に「良いと思われる結果」に結びついたならば、更にその「誰か」に決めてもらう事に強い信頼と確信が生まれ、結果、強烈な『依存性』を生み出す可能性が高くなります。

そして、意識的、無意識的に、この依存関係は、「支配」へと発展してしまいます。

「良い結果」よりも大切な事

これは重要なポイントなので、繰り返しますが、

人は、「誰かに決めてもらう」方が楽なのです。

だから、多くの人が、固定的な答えを言い切る人を求め、そういう人に人気、関心、注目が集まるのです。

この問題は、とても気づきにくいことです。

「良いと思われる結果」に結びついたのならいいじゃないか…

と多くの人は思うかもしれませんが、私たちの本質によって最も重要なことは、「良いと思われる結果」ではないのです。

もっとも重要な事は、結果に対する人間の価値基準判断で良い、悪い、という事ではなく、その人が、「自分で考え、自分で決め、自分で行動する」という経験なのです。

「誰かに決めてもらう」という事は、私たちの実在で在る「無限なる本当の自分(普遍意識・神)」が、その表現の一部、神の個的表現の私達人間を通し、果たして欲しい経験を放棄することに繋がってしまうのです。

もし、本人の役割を放棄して、「誰かに決めてもらう」だけなら、神にとって、その人の存在は必要ないことになってしまいます。

しかし、神は、一切の不必要な創造をしていません。

だから、その使命からズレたのなら、その重要な過ちに気づくまで、手を変え品を変え、修正を促すメッセージ(多くの場合、より困難な出来事)に直面する事になります。

あなたに必要な答えの在処

そういった出来事を回避する為に、多くの場合、数多く出回るスピリチュアル情報に答えを求め、この情報が凄いと聞けば飛びつき、あのノウハウが最新と聞けばそちらに行き……と常に外部の情報に振り回され、迷妄に囚われて彷徨うスピリチュアル・ジプシー状態の方が増えてしまいます。

こうした外部情報に惑わされず、自分の参考にするために有効な情報の判断は、ある程度の感性(波動)と、知識があれば簡単に識別できるものもありますが、

更に本質的な事を言えば、他人や書物等を通して私たちの外部から入ってくる情報に、あなたにとって必要な答えは無い、と言う事なのです。

あなたにとって必要な情報、そして答えは、あなたの内側から識別し、あなたの経験を通して内側から見出していくことなのです。

あなたが導き出す必要のある答えを、「こうである」「こうすべき」「こうでなければ」と断定をする情報は、「自分で決める」という私たちひとり一人の役割を放棄することに繋がり、非常に危険性が高いのです。

田久保剛/CTPeak

ですから、もしもあなたが出合ったスピリチュアル情報の中で、あなた自身に対し「あなたはこうである」「あなたはこうすべき」と断定的な意見を言う人がいたら、それは細心の注意を払って識別しなければなりません。

仮に、それがどれだけあなたにとって魅力的な発言であったとしても、場合によっては回れ右をして、その場から全速力で走り去ることが賢明な選択である場合もあります。

いずれにしても、「目に見えない世界」を学ぶ手掛かり、正しい識別、判断はあなた自身が、あなたの『内側から導き出す』ものなのです。

「見えない世界の情報は何をもって正しいと判断できるのか」の規準は、「自分の内側から見出す」か「外部情報に依存する」か、なのです。

それでは、『内側から導き出す』とはどういうことでしょうか。

この事についてはまた次の記事でお伝えします。

 

 

●~本当の自分・普遍意識の目覚め~
『シンプルさとり講座・Ver.2』

『シンプルさとり講座』受講者の声

 

+ーーーーーーーーーーーーーー+

※福井県で9月初開催です!
『CTPeakトークイベント』のお知らせ

開催日時とトークテーマ:

●東京(練馬駅近くの会場)

【第66回】 2018年 8月5日(日) 13:30~16:00 東京
    テーマ: 『やる気を出したいけど出せないあなたに』

ーーーーーーーーーーー

福井・初開催!

【第68回】 2018年 9月15日(土) 13:30~16:00 福井
    テーマ: 『スピリチュアルの学びを人生に生かす』

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(場所の詳細はお申込者へ詳細情報をお伝えします)
参加費:[早割]3,000円(税込・事前振込)
     [当日]3,500円(税込・当日会場払い)
講師:田久保剛

●CTPeakトークイベント参加予約はこちらから

+ーーーーーーーーーーーーーー+

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料メールセミナー:現状を変える7つのヒント

「何とか、今の現状を打開して解決のヒントを見出したい・・・」

そう思いながら、成功法則やスピリチュアル、精神世界などの様々な情報を探し求め、時間とお金を費やしても、なぜか一向に、現状が良くならない・・・
疑問あなたは、そんな悩みを抱えていませんか?
その悩みや問題は、ほんの少しのヒントで解決できる可能性があります。

⇒ 無料メールセミナーの詳細・登録はこちらから
(CTPeak公式HP)

こちらの記事もおすすめです

おすすめ関連記事

まだデータがありません。

コメント

コメントを残す

*