実在するものだけに意識を合わせる(普遍意識瞑想の成果)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
田久保剛/CTPeak

先日の『普遍意識瞑想セミナー』に再受講でご参加頂いた方が、数ヶ月の「普遍意識瞑想」の実践で非常に興味深い、体験に基づいたごご質問を頂きました。

この方が体験していることは、まさに、この普遍意識瞑想が正しく実践出来ている証のひとつでもあり、その瞑想の本質的な目的を理解する上で、とても参考になると思いましたので、田久保剛の見解を添えてご紹介します。

瞑想を続けてきたら「欲」がなくなっていた

そのご体験を要約すると、

「5月に受講してから、毎日、普遍意識瞑想を行っているが、特に、固定的な変化は求めてなかったが、あれっ?て気付いら「欲」がなくなっていた。

食欲、物欲、等がなくなってしまい、同時に、怒りっぽかったけど、その「怒り」がなくなってしまった。

こういう事は、瞑想実践の結果として起きうる事のか?」

との事でした。

私は、「食欲、物欲等がなくなった事が、人生にネガティブな影響をもたらしてますか?」と、念のため確認しましたら、

「全くその逆であらゆる面で良い影響がある…」「身体もすこぶる健康で、心も研ぎ澄まされ、とても調子がいい」というような事もおっしゃっていました。

更に色々とお話を伺っていると、価値の大きな転換、シフトが起きているようでした。

田久保剛/CTPeak

これは、今迄価値を持っていた、物質的、もしくは社会的な価値観から、霊的真理、本質への価値観へ意識が大きくシフトしていて、しかし、その過渡期でもあるので、現在、携わっている物質的、社会的価値に基づいた現実に、その霊的真理、本質へ転換された価値を、どう適応させて行くべきかを模索中のようでした。

これは、社会的価値から、霊的価値に価値観がシフトしていくプロセスで、多くの方が体験する葛藤でもありますが、それは霊的真理、本質の視点から見れば、祝福すべき事であって、真の豊かさや真の人生の目的、使命成就の大きな入り口でもあるのです。

またこれは、別の側面から表現すると、自我意識、分離意識の幻想の囚われから解放され、普遍意識に目覚める過程で体験する、魂の成長、霊性の向上という視点では、順調な状態とも言えます。

持っているものは欲しがらない

さて、そもそも個人的な欲望はどこから生まれてくるのでしょうか?

それは、不足感から生まれるものです。

私たちは、充分持っているものを欲しがりません。持っていないもの、不足しているものを欲しがります。

本質的に言えば、不足感は、分離意識、つまり、総てが在る、全体意識、普遍意識から、自分は分離しているという錯覚、幻想に囚われるが故に生まれてくる感情です。

本当は、総てが在るのに、その真理を忘れ、欠乏している、という認識が生まれ、その欠乏の穴を埋める為の対象を、外(現象、物質次元)に求めるのです。

田久保剛/CTPeak

一生かけても使い切れないような巨万の富が銀行に預金してあるのに、その事を忘れてしまっていて、お金が無い!と一生懸命お金を追い求めていた人が、ひょんな事から、その銀行口座の存在を思い出し、お金を追い求める行為がなくなるようなものです。

この譬えで言うなら、「巨万の富がある」というのが真理であって、「お金がない」というのが、忘れてしまった(分離してしまった)故に生じた、思い込み(錯覚)なのです。

「お金がない」と思い込んでいれば、当然、「お金」に対する欲望が生じますが、「巨万の富がある」という真実に気付けば、「お金」に対する欲望はなくなるのです。

真の豊かさを手にする

その真理、つまり、自分は欠けた存在ではなく、満たされていたのだ、ということに目覚めると更にどのように発展していくでしょうか。

一つは、無限に在るから、それを使う、という発想、つまり、自分が持ち合わせている財産を与えるという発想、そして表現、創造活動にシフトしてきます。

そして、「欲がなくなる」とだけ聞くと、なにか無味乾燥な面白みのない清貧の思想的な印象を抱く人もいるかもしれませんが、実際はその逆で、その満たされた波動が、満たされた現象をより創造し、喜びのエネルギーが、喜びの現実を引き寄せていくのです。

これは、「本当は満たされているんだったら、満たされているんだって思い込もう」という事ではありません。

満たされている真理に意識を合わせていった結果、その真理の波動が共鳴してきて、そのエネルギーを呼び込み、結果的に幻想が消え去り、真実に目覚めるのです。

これは、様々な欲望のみならず、日常生活の中で、私達人間の心の中に生じる、不満、不安、恐怖、心配、怒りといった、分離意識や物質次元に囚われた意識が生み出す産物に対しても同じ仕組みなのです。

物質次元に表現された世界を分離意識で捉え、欠乏感の反動として手にする一時的な豊かさではなく、真の豊かさを手にするのです。

次の「黎明」の引用は、冒頭の体験者のように、まさに現象世界という幻の世界に対する欲望から、霊的真理の真の豊かさへシフトしてきている魂の方々へのエールともいえるでしょう。

有為転変の現象世界では、何を追及したところで一時的な満足しか得られないことは、誰でも心の奥底では識っていますし、永続するものなど何ひとつない世界に意識を向けている限り、心は常に揺れ動くことになります。

こうした現象世界に対する不信が、本物を求める魂の叫びとなって顕れてくるわけですが、その人の関心が現に今、地上的な出来事よりも霊的な本質に向いていること自体が、本人の魂の成熟を意味しており、今生で解脱に至る可能性を持っていることの裏返しであると言う点を理解して頂きたいと思います。
(中略)
現在の地球生命系に使命を持って降り立った、目覚める可能性を持った魂の皆さん達にとっては、現象に囚われて寄り道をしている時間はもはや残されてはいないと言う事実を、はっきりと自覚して頂きたいと思います。
(「黎明」葦原瑞穂著・太陽出版・下巻P214〜215より引用/赤字は田久保)

実際に存在しているものだけを見る

さて、この世界で唯一、実在しているものは何でしょうか。

私たち人間の意識の最も浅い(低い)意識が、物質的、もしくは、自他の区別という分離が現実にあるように見える、分離意識だとした場合、

その対極の最も深い(高い)意識は、全体を見渡せる、一切の分離が表現されていない、ひとつ、一元の意識です。

その、分離意識を通さない、純粋なひとつの意識こそが、全体意識であり、神意識であり、それを、愛、光、という言葉で表現する事が出来ます。

そこには、相対がなく、絶対の領域です。

田久保剛/CTPeak

つまり、愛一元、光一元、神一元。それだけが唯在るのです。

愛、光、神と表現できる絶対的な調和が、遍満している、いつ、どこ、という時空の定義のない、つまり、いつでもどこでも、愛だけが在る、光だけが在る、総てが在るという意識です。

そして、本来、それだけが実際に存在する意識、“実在”の意識です。

それが、遍在、遍満を意味する、「普遍意識」です。

この普遍意識を絶対的な光というならば、分離意識が生み出す様々なネガティブ感情や不調和な現象は、その分離意識で光を遮った影、つまり実体ではありません。

私たちは、実体のない影に意識を合わせるのか、それとも、実在の光に意識の焦点を合わせるかで、世界に見るものが変わるのです。

「常に神と共に在る」ことを思い出す

「普遍意識瞑想」は、まさに、実在に意識を合わせる手法です。

私たち人間の多くは、つい日常で、影、つまり、分離意識故に生じるあらゆる実体のない雑多な想念に無意識のうちに意識が合ってしまい、無意識に巻き込まれてしまっています。

それらと闘う、抗う、抵抗する、切除、排除するのではなく、むしろ実在に意識を合わせるための協力者に変えてしまいます。

影によって光に誘ってもらうのです。

そして本来、実在しているものだけに、徹底的に意識を合わせていくのです。

今、私がご縁のある多くの方に、お伝えしたい手法です。

私も、普通に悩みや問題、様々なネガティブ感情が反応して、それに巻き込まれそうな事はあります。

でも、その状態は、恐るるに足らず、なのです。

なぜなら、むしろそんな時こそ、「普遍意識瞑想」が、全智、万能、無限の叡智である「常に神と共に在る」真理を思い出させてくれるからです。

それを思い出す事で、真理が共鳴し、その光によって影が消え去り、光が差し込むようにして、徐々に光明が現象世界に顕現されてくるのです。

普遍意識瞑想は、私たちの体験している物質世界の現象という結果の、その原因想念の波動領域に直接、調和の影響をもたらしていきます。

もちろん、その手法は、実践しなければ意味はありませんが、「正しく理解」して「正しいやり方」を身につけ、実践する事で、私たちの本来の意識状態である、「普遍意識」の悟りに近づいて行くことが出来るのです。

「普遍意識瞑想」を身につける特別提案

この「普遍意識瞑想」を伝授する、大人気セミナー、「普遍意識瞑想セミナー」を完全収録したビデオダウンロード教材をこの度、2018年11月にリリースする事が決定し、

CTPeak創立7周年記念企画として、期間限定の先行予約で、通常ではありえない超特価でのご提供をしておりますが、その期限は、2018年10月12日中までです。

今回の特別価格は、創立7周年記念キャンペーンで先行予約となる、今だけのご提案ですので、ご興味がありましたら、どうぞこの機会をご利用ください。

日常生活で普遍意識に意識の焦点を合わせる、本質の瞑想法を伝授する、

『普遍意識瞑想セミナー』の完全収録ビデオ教材の先行予約スペシャル特価、

各種オンライン講座の特別価格、また、先着特典など盛りだくさんのキャンペーンの詳細については、どうぞこちらのサイトをご覧下さい。

⇒【CTPeak創立7周年記念キャンペーン】
田久保剛/CTPeak

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料メールセミナー:現状を変える7つのヒント

「何とか、今の現状を打開して解決のヒントを見出したい・・・」

そう思いながら、成功法則やスピリチュアル、精神世界などの様々な情報を探し求め、時間とお金を費やしても、なぜか一向に、現状が良くならない・・・
疑問あなたは、そんな悩みを抱えていませんか?
その悩みや問題は、ほんの少しのヒントで解決できる可能性があります。

⇒ 無料メールセミナーの詳細・登録はこちらから
(CTPeak公式HP)

こちらの記事もおすすめです

おすすめ関連記事

まだデータがありません。

コメント

  1. T.K. より:

    田久保 様、原 様
    先日は普遍意識瞑想セミナーへ参加させて頂き誠にありがとうございました。
    田久保様 いつもわかりやすく ご教示頂き感謝申し上げます。
    引き続き 心を普遍意識に合わせ瞑想を継続して参ります。

    以前は、電車などでマナー違反な人間を見るにつけ注意や怒りで反応していましたが、いまでは その人間の行為は 私自身の行為でもあり 私自身のある側面を見せてくれていることにも気付き その人間の心に向け 自身の行為を反省出来ますようにと念を込めて祈れることで 怒りの感情をコントロール出来るようになって来ました。

    ただ、身近な家族に対する感情、特に怒りの感情をコントロール出来ずに 反省をすることが ございます。

    真実を観ていないがゆえに、自我意識で捉え 怒りの念が湧いて来ていることと頭では理解していても、

    妻や子供達の度重なる行動
    (※整理整頓・片付けが出来ない・食べ物を粗末にするといった行為・時間にルーズ)
    といった 人として感謝に掛けた行為に、
    身内ゆえに どうしても 怒りをろ過出来ず、
    感情をぶつけてしまうことがあり 反省しております。

    外でコントロール出来ることが、身内にはなかなか出来ない。この辺が、まだ私の修行と捉え 感謝へと変化して行けるよう

    愛一元に心を合わせて精進して参る所存でございます。

    田久保様 今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

    いつも感謝しております。

    1. 田久保剛 より:

      T.K.さん

      普遍意識瞑想セミナーのご参加ありがとうございました。

      T.K.さんの境遇と似た部分が多くて苦笑してしまいました(^_^;

      多くの出逢いは、私たちの魂の成長をお手伝いしてくれている人(魂)ですが、身内はその中でもラスボス的に立ちはだかるケースは多いですね。

      容易に避けることが出来ないように、身内としての魂次元での契約と、私は捉えています。
      普遍意識瞑想で意識のフォーカスチェンジの機会にしていく事と、
      https://ameblo.jp/tao-news/entry-11963887805.html
      こちらも参考にしてみて下さい^^

コメントを残す

*